シングルマザー(母子家庭)の子育ての不安を解消するための5つの方法

シングルマザーになり、子供たちへ責任を感じて、元旦那の分も全部、自分でしなければならないと抱え込んでいませんか。

慣れない生活で仕事と子育てを一人で両立させることが出来ずストレスを貯めていませんか。

 

全てを完璧にこなすには限界があります。シングルマザーという道を選んだ以上、自分の中で大事なことをしっかりと決めて、できない事はバサっと諦める事が大切です。

そうすると気分もすっきりし、楽しい時間が舞い込んできます。

 

シングルマザーになったことで子供たちへの責任を感じてしまい、押しつぶれそうなあなたに、このサイトで子供たちとの接し方、自分の時間の作り方をわかってもらえればと思います。

 

 

目次

母子家庭でやっていく自信がない!!

 

離婚後の不安、精神的ダメージ

結婚することは簡単に出来るけど、離婚することは難しいと良く言います。

芸能人が良く言う円満離婚なんて90%ぐらいの確立でないと思っています。

時が経ち振り返った時に離婚して良かった、と思うことはあると思いますが、離婚に直面している時は、そんな風に思えないです。

 

特に子供がいる場合、どんな旦那だったとしても子供たちのお父さんに変わりなく、いなくなった時に子供たちにどんな影響がでるのか、一人で育てていけるのか、金銭的にも大丈夫なのか、精神的にも肉体的にもダメージが大きいです。

 

 

でも大丈夫!!

最初から自信がある人はいません。

物事なんでもそうですが、初めから出来る人なんていなくて、失敗と成功の繰り返しで出来るようになってくるのです。

出来るようになって、初めて自信がついてきます。

 

子育ての場合、何が良くて何が悪かったのかわかりませんが、子供たちはいつでもお母さんのそばでお母さんの味方です。たとえ旦那がいなくなって一人になったとしても、子供たちと一緒に新たな生活を一から築きあげていけば良いのです。

 

 

子供と過ごす時間が短くて不安な時

シングルマザーの場合、収入が一つなので生活費を稼ぐために、毎日毎日、仕事に明け暮れ子供たちと過ごす時間の確保が難しいという方が多いです。

子供に構ってあげられない事でストレスになり、さらにはストレスが溜まり子供にあたってしまうと悪循環に陥ってしまうことも多々あると思います。

 

でも親子で過ごす時間が長ければ良いわけではありません。

近年、女性の社会進出が増え、昔と比べると全体的にお母さんが子供と過ごす時間が短くなっています。そのため今は、子供との時間の過ごし方に注目が集まっています。

 

子供にとって最も大事なのは量ではなく質

子供と過ごす時間=愛情 ではありません。

子供と一緒にいるときに子供と向き合うことが大切です。

子供の好きなことや得意なことを応援してあげたり、自分がすることをしっかりとお母さんが見てくれいていと実感すれば、子供は愛情を感じてくれます。

そうすれば、たとえ子供と過ごす時間が少なくても、子供が愛情不足を感じることはなくなるのです。

 

量より質!!3つのポイント

 

・食事はできる限り一緒に食べる

「満腹になると子供たちは気持ちが落ち着く、いらいらしない。キレない。」

これは、30年以上にわたり、200人以上の子供たちを「できたての食事」で支え続けてきた広島のマザー・テレサこと、中本さんの言葉です。

大人でもそうですが、お腹が満たされると幸せな気持ちになります。その中での会話は、楽しくコミュニケーションが取れる場になっています。

農林水産省からも食の大切さを伝えています。

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。”

参考元:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/

 

仕事が終わるのが遅くてご飯を作れなかったとしても買ってきたスーパーのお惣菜を囲んで一緒に食べるということが大切です。

 

 

・一緒にお風呂に入る

お風呂という特別な空間でお母さんと一緒。これだけで子供はリラックスして今日の出来事や考えていることを話してくれます。

お風呂場だとテレビや余計な雑音が聞こえないので子供とのコミュニケーションをとるにはすごく向いている場所なのです。

 

また、子供の体を洗うことで体の変化に気づいてあげることもできるし、湯船で一緒にお風呂遊びを楽しむことは、親子のふれあいの時間になります。直接、こどもの触れることが安心感や愛着を深めることにつながります。

 

 

・寝る前の本読み

子供たちは絵本が大好き。これは小学生になっても続けてほしいことの一つです。

たくさんの本と触れ合うことで子供のボキャブラリーが増えますし、相手の気持ちを理解するなどの心の部分でも影響を与えます。

子供はお腹の中にいるころからお母さんの声をずっと聴いてきたので、お母さんの優しい声を聞くだけで安心するのです。

大好きなママの声を聞きながら面白い絵本をみて、子守歌と同様にリラックスしながら眠りにつくことができます。

リラックスした状態で眠りについたほうが心は穏やかになります。心穏やかにして眠れば、質の良い睡眠が期待できます。

 

 

自分の時間の使い方

日中は仕事、家に帰ってきてからは家事と、シングルマザーにはやることがたくさんあります。そんな中で自分の時間が持てないと悩むママも多いと思います。

時間が持てないからといって何もしなければ、自分の時間というものは作れません。

自らが時間を確保するために行動しなければならなのです。

ここまでやって確保した時間、どのように使っていますか?

 

手帳を使ってやりたかったことをやる

手帳を使ったことが無いママもいると思いますが、手帳は自分の時間を作り有効活用するには必須のアイテムです。

お店に行けば色々な種類の手帳があるのですが、とりあえずここでは、何故使うと良いのかを説明します。

 

働くママには、子供の行事、仕事の締め切りなど、絶対に動かせない予定がありますよね。

そこに日々の生活で出てくる予定。

目に見えないだけでママたちは毎日とてもハードな日々を過ごしているのです。

 

まず手帳を買ったらやってほしいことは、

神様、仏様から1時間、自由な時間がもらえたら何かしたいか。

これを手帳の空いているページに書き出していってください。

 

これが何かというと、重要だけど緊急じゃないこと。

これをやると目的を決めないとずるずると時間だけが過ぎてしまいます。

 

 

7つの習慣でいう第二の領域です。

↑7つの習慣は仕事をする上で読んだ方が良いと言われていますが

子育てにもとても役に立つので是非読んでください。

 

書き出したことに今度はいつまでにやりたいのか日付を入れてください。

そしてそれを毎日、目が届くところに貼っておく。

これだけで、やりたかったことが出来る確率がグッとあがります。

 

自己メンテナンスをかかさない

シングルマザーや働くママは、仕事や育児を優先しているため、自分のことは後回しにしていることが多いです。

 

いくら家族の為とはいえ、シングルマザーの生活を毎日毎日、何年も続けるのは相当大変です。自分を犠牲にして毎日を過ごしていると、精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまいます。

それで体調を崩してしまっては元も子もありません。

 

シングルマザーや働くママは自己メンテナンスが重要で必要となってくるのです。

 

お金と時間、無理のない程度で自己メンテナンスを行ってください。

 

自分の体を労わってあげると自ずと、リラックスでき体から元気があふれ出てきます。

気持ちにリセットをかけてあげることで、次の日からの仕事も頑張れるし、子供に対してもいつも以上に穏やかな気持ちで接することができます。

 

自分時間は早朝がおススメ

シングルマザーや働くママにとって、まとまった時間の確保はとても難しいです。

子供が夜寝た後に自分時間を作ろうと思っても、子供が小さいうちは寝かしつけながら自分も寝てしまうということが良くあります。

 

また子供が寝た後にアレコレとやろうと思うと、子供が早く寝ないことにイライラしたり、つい怒ってしまったりしてしまいます。

寝かしつけた後も日中の疲れからテレビを見ながらボーっとしたり、スマホをいじっている間にあっという間に時間が過ぎてしまったということありますよね。

だからこそ、子供を寝かしつけながら一緒に寝てしまうことがおススメなのです。

 

一緒に寝る事の3つのメリット

  • 子供の寝かしつけが楽になった

子供を寝かした後に作業をやろうと考えていると子供を早く寝かせよう寝かせようと焦ってしまうし、電気を暗くして寝かしつけるので自分までいい気持でウトウトと眠ってしまい中途半端に起きて眠れなくなったりします。

 

子供たちと寝ると決めてしまえば、子供と一緒に寝てしまったという罪悪感もないし、子供もママが一緒に寝てくれるという安心感からすぐに寝たりします。

そしてママ自信もゆったりとした気持ちで眠りにつくことができます。

 

  • 体調がよくなった

太陽が昇ると同時に活動すると体調が良くなる。これは昔から言われれていることですね。ちょっと前までは10時から2時までの間が成長ホルモンの働きが活発で美容に良いとされてきました。

 

朝型夜型とありますが、自然の流れに逆らわずに朝日を浴びて体内時計をリセットすると体温、血圧、ホルモン分泌などの生活のリズムが整ってきます。

体内時計を、毎朝、一定の時間にリセットすることが、健康の維持には大切です。

 

  • 家事や仕事の効率があがった

朝早い時間だと家の中だけでなく、外も静かな為、すっきりした頭で何事にも集中して取り組むことができます。手際よく出来る為、夜にかかっていた時間よりも短縮してできてしまいます。

 

時短で毎日の家事を楽に済ます

料理の時短編

  • 食材はまとめ買いが鉄則

シングルマザーや働くママにやってほしいことが食材のまとめ買い。

まとめ買いと聞くと、食料が使いきれなくて、結局、腐らしてしまって捨てちゃうから損しているというイメージを持つママもいると思います。

でもこのまとめ買いにはメリットがたくさんあるのです。

 

できれば一週間分のまとめ買いがおススメですが、不安なママは、まずは3日分ずつから試してみてください。

 

メリット1:時間の節約

シングルマザーや働くママにとっての一番のメリットがこれです。

仕事帰りに何げなく立ち寄っているスーパーですが、夕方になると買い物客が多くなり、一回の買い物に30分はかかってしまいます。

 

仕事場からスーパーによって家に帰るというルートだと、買い物時間も入れると最低でも1時間は時間がかかってしまいます。

そこから夕飯の支度をすると考えるとテンションが下がってしまいますよね。

仕事が終わってから寝るまでの1時間ってとても貴重です。

 

だからこそ買い物に行く回数を減らすのです。

そうすることで時間の節約になります。

 

メリット2:日々の食事作りに悩まなくなる

夕飯を作るときに面倒になることが、献立を考える事。仕事が終わり、ホッと一息つきたいのに終わると同時に、夕飯のことを考えなければならない、ある意味、料理が嫌いなママにとっては苦痛でしかありません。

 

それが一週間分の献立を考えて買い物をするので、週に一回、献立を考えるだけで良いので、面倒な献立を考えるという日々の作業がなくなります。

それでもって栄養バランスも整うようになるのです。

 

メリット3:食費の節約につながる

一番のメリットは時間の節約と言いましたが、お金の節約も同じぐらい大切ですよね。

何故、まとめ買いで節約になるのかというと、ズバリ無駄な買い物が減るからです。

 

食材を決めて買い物に出かけるので、リスト以外の物が必要ないと判断ができ、余計なものを買わなくなるのです。

子供が一緒ならなおさら、お菓子のコーナーを通ると買ってとおねだりされますが、

週一回であれば、子供にも計画性の大切さを伝えたうえで、必要最低限の物だけを購入するだけで済みます。

 

 

  • 食材は切っておく

買ってきた食材はとにかく切る!!

最初のこのひと手間で気持ちがとても楽になります。

 

仕事を急いて終わらせ、子供を迎えようやく帰宅。この時点でフルタイムのママであれば7時以降になっている人も多いと思います。そうなると子供がお腹空いたと言ってきたり、ママと一緒に宿題やおもちゃで遊びたいと言ってきたりします。

 

そんな時に、冷蔵庫から野菜を取り、キレイに水で洗ったり、一つ一つ皮を剥いたり・・・。これがまた、ジャガイモの皮むき意外と時間がかかるんです。

そこから料理を一からスタートすると時間がかかってしまう為、小腹を満たすためにお菓子とかをあげてしまうことも。

 

でも、あらかじめ野菜を切っていれば、家に帰ると同時に料理を始めることが出来ます。切られている野菜があるのですぐにお味噌汁を作ってあげたり、サラダなども5分もあればできてしまいます。

 

ここでのコツは、食材を切るためだけの時間を作らないということです。何かのついでに少しでもやってしまう。

料理のとき、まな板と包丁を出したついでに切る

買い物をして冷蔵庫に入れる前に洗って、保存袋に入れておく

 

これは働くママにはおススメです。

本読みとかでもそうですが、これをする為に時間を確保するって働くママには難しいことです。

なので、ながら時間、ついで時間を利用していくと良いのです。

 

  • 冷凍保存で時短料理

野菜編

②でお伝えした食材をあらかじめ切っておくについてですが、ここでもうひと手間をかけて、切った野菜をMIXしてポリ袋に入れて冷凍する。

例えば、キャベツ、ほうれん草(ざく切り)、ニンジン(短冊切り)、タマネギ(薄切り)。ニンジンなど火の通りにくいものは小さめに切っておけば解凍せずにそのまま炒めることが出来て便利です。

 

野菜の保存にはポリ袋を使うと価格も抑えきれます。一週間で使い切るので密封用の袋じゃなくても大丈夫です。

野菜は、冷凍することで繊維が壊れるため、味がしみやすくなるメリットもあります。そのため、ほうれん草などはしんなりとするので、みそ汁やお浸しにするのが良いです。

 

小松菜やオクラは生のまま冷凍保存をし、自然解凍をしたら湯がかなくてもお浸しとしていただけます。茹でないのでビタミンCなどの栄養成分が、水に溶けだすことがありません。

冷蔵庫から出しドレッシングをいれて自然解凍したらそのまま食卓に出せます。

 

肉編

肉は冷凍しているママは結構多いと思います。

肉は下味をつけて冷凍することで、肉の冷凍焼けや酸化を防ぐことができます。酒などの調味料と冷凍することで、解凍時に柔らかくなります。

また、タマネギなどを一緒に入れておくと、加熱時間を短くすることができます。

 

鶏肉

基本は醤油、砂糖、みりん漬け。

これを焼くだけで照り焼きチキンの完成。衣をつけて揚げるとから揚げの完成!!

塩こうじ漬けにするとお肉が柔らかくなり、しっかり味付けができます。

豚肉

砂糖、醤油、生姜。

焼くだけで生姜焼きの完成。ケチャップ漬けにしてもおいしい肉料理の完成です。

 

肉はジッパー付きのビニール袋で空気を抜いて保管してください。一度使った袋は再利用せずに新しい袋に変えてください。

 

 

この3つのことをするだけで、料理がグッと楽になります。最初は下ごしらえすることが面倒ですが、慣れてこれば気持ちが楽になりますので、是非やってみてください。

 

 

掃除の時短編

毎日掃除をする!!これが掃除における時短テクニックです。庭の雑草と同じで芽が出てすぐに抜き取ればなんともないのですが、しばらくそのままにすると根が伸び抜くのにも一苦労、そして何故か一気に雑草が増えるという・・・。

 

汚れも同じ。毎日ちょっとずつやることで最小限の時間で済みます。

ポイントは2つ。

その都度掃除をすること

掃除道具は必要最低限で取り出しやすい場所に

 

この2つだけで良いのです。

 

リビングや子供部屋

ここでの、掃除は掃除というより片付けが主なメインになってくると思います。

掃除をしたいと思うお部屋をイメージしてください。洋服やおもちゃ、学校からもらってきたプリント、絵本、ポストに入っていたチラシ、これらが散乱しているイメージではありませんか。

 

実際のところ、日ごろ使っているお部屋に関しては、ホコリなどで汚れが気になるではなく、物が散乱して散らかって掃除が必要なのです。

ここでのポイントは、置く場所を決める!すぐ捨てる!!です。

 

脱いだ服は、洗濯物入れに入れる、おもちゃはまとめて入れることができるBOXを用意してそれに全て突っ込む。これだけでも部屋は片付くはずです。

 

私の場合は、夜寝る前に子供の絵本を読んであげるので、絵本をもとに戻さずに寝具のそばに置いていることが多いので、読み終わった絵本を一時的に保管する絵本BOXを作って置いています。これも都度、片づけていれば必要ないのですが、夜は子供と一緒に寝てしまう為、子供に週に一度まとめて本棚に片づけさせています。

 

そしてプリントや広告チラシなどは見たら捨てること。これもついつい机に置いてしまうのですが、塵も積もれば山となると言う通り、あっという間に紙の山となります。こうなると読んで保管するものと捨てるものを分けるのも一苦労です。

 

物が片付いたところで掃除をするのですが、基本はフローリングワイパーでサッとゴミを集めるだけ。家具や家電についたホコリは静電気ホコリ取りで軽くはたくだけで十分です。100均でも売っているのですが、俳優の阿部サダヲさんがCMしているクイックルワイパーなどもおススメです。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC+%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3+%E4%BC%B8%E3%81%B3%E7%B8%AE%E3%81%BF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97+%E6%9C%AC%E4%BD%93

 

 

キッチン

キッチンは使い終わった後に、ふきんで拭けば、コンロの周りの油汚れもすぐに落ちるし、シンクも汚れません。これだけでキッチンはきれいな状態をキープできます。

また、三角コーナーなどは生ごみを貯めてしまう原因となるので、無くしてしまいましょう。

 

トイレ

ここは毎日こまめに少しづつとはいきませんね。トイレ掃除のポイントは便器内の黒ズミだと思います。それは洗浄剤などを使い、黄ばみが付かないように予防するのが一番です。そうすれば一週間に一度の掃除で十分です。

 

その時のおススメとしては、スポンジで掃除をすること。定期的に掃除をしていればスポンジで十分に汚れが落ちます。便器、床、手洗い場。これを一つのスポンジでサッとするだけで終了です。時間にして10分もかからないでしょう。

 

お風呂場

お風呂もキッチンと同様に使い終わったらきれいにするを心がけるだけで良いのです。

必要最低限のこととして、冷水シャワーで壁や床を洗い流す事。こうすることで湿気もたまりにくく、付着した石鹸やシャンプーも洗い流せます。

 

これだけでも十分きれいな状態をキープできるのですが、もうひと手間加えることができるのであれば、浴槽を使ったときは最後にお湯を捨てるときに合わせて、スポンジで軽くこすってください。そうすれば、洗剤を使わなくても湯垢はすぐに落とすことができます。

 

そして最後にお風呂場から湿気をなくす為に、使い終わったらできるだけ喚起をしてドアを開けっぱなしにして下さい。さらに良いのは乾いた布でさっとふき取ることなのですが、私は、使い終わったバスタオルで鏡や、蛇口、ドアを拭いています。毎日、ふき取っていればバスタオルが汚れることは無いので一石二鳥と拭いています。

 

これでカビやピンクの湯垢ともおさらばです。

 

今は、天井に貼るだけでバイオの力でカビを抑えることができる商品も売っているのでこれも併せて使うと良いかもしれません。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA+%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%82

 

 

 

 

洗濯編

洗濯の作業を書き出すと

仕分け→洗う→干す→取り込む→たたむ→収納する

この6項目になります。

 

この中で大変な作業と言えば「干す」と「たたむ」だと思います。

私の場合は、時間がないので「干す」を無くしています。

無くすと言ってもいたって簡単。洗濯機で乾燥もついでにしてしまうだけです。

 

洗濯から乾燥までを考えるとドラム式洗濯機の購入をお勧めしますが縦型の洗濯機でも全く問題ありません。

ただ縦型の場合は乾燥に時間がかかってしまうのと、洋服にシワが寄ってしまうデメリットがあります。

 

乾燥機能を使っていると電気代がかかりますが、縦型の洗濯機で5キロの洗濯物を回すと一回あたり60円前後かかります。ドラム式はもう少し安く、ドラム式の中でもヒートポンプ乾燥であれば同じ条件で15円になります。

毎日使ってもヒートポンプ式であれば月450円です。

 

洗濯機から出してそれを干して取り込む作業だとだいたい20分ほどかかると思います。その時間を15円で買えるのであれば、私は15円で買って他の事をする時間にあてています。

 

電気料金を深夜割引のプランに変更してしまえば、昼間の半額になるので夜寝る前にセットして朝起きたら乾燥が終わっている状態にすれば電気代は更にお得になります。

 

働くママ、特にシングルマザーにとって一人で家事をする時間は限られています。

節約をすることはとても大切ですが、費用対効果を考えて使うところは、使った方が気持ちも楽になります。

 

乾燥機で「干す」作業が無くなったとしても「たたむ」作業は残ります。

これは多くの方が実践しているやり方ですが、洗濯物を干すときにハンガーで干し、そのまま取り込んで収納するという方法です。

 

干したものをそのまま収納するのでたたむ時間が短縮されます。

私は、乾燥まで洗濯機でやっているので、「たたむ」作業はどうしても必要になります、

その中でも、洋服やズボンなどはハンガーなどにかけて、下着や靴下などを畳むように分けています。

 

子供の洋服は、カバンに入れて保育園に持たせるために、全てたたむようにしています。

これが何とかできない物かと考え中ですがなかなか名案がでてきません。

タオルなどは出来るだけ畳む回数が少なくて済むようにし、かつ上から置くだけで良い収納をしています。これだけでもかなり楽です。

 

毎日の家事はどれもちょっとの工夫とちょっとの手間でだいぶ楽になります。

 

 

シングルマザーのサポート

一人で出来ることは限られている

働くママには、することがたくさんあります。特に一人何役もこなさなければならないシングルマザーなのですが、時間は24時間と限られています。家族を支える為に仕事をし、家では家事や育児に追われ、忙しさは想像を超えるものがあるでしょう。

 

子供が風邪を引いてしまったら仕事を休まなければならなかったり、自分自身が体調を壊してしまっても子供の面倒をみなければならなかったりと時間と体力的にもどうすることもできないことがあります。

 

一人で頑張るには限界があります。頑張りすぎて自分を追い込んでしまっては、心に余裕が無くなってしまいます。ちょっとしたことにもイライラしてしまい、自分が選んだ道を後悔することになってしまいます。

 

一人で頑張ることも大切ですが、人間一人では生きていけないと言われるように、誰かを頼ることも必要です。

 

身内の人やご近所の方、保育園など、いつでも相談できる方や、育児に協力してくれる方を持っていることは、気持ちの上でもとても楽になります。

その他にも、各自治体やNPO法人など、サポートセンターや支援してくれる施設などもありますので、それらをうまく使い子育てをサポートしてもらいましょう。

 

 

実家への同居と別居のメリットは

何と言っても頼れる存在なのが親です。実家で一緒に同居することが出来れば金銭的にだいぶ楽になります。また、子育ての面でもお迎えをお願いしたり、夜に予定が出来てしまっても親にお願いして出かけることもできます。

 

シングルマザーにとって実家での同居は金銭的にも精神的にも楽になることが多いです。そして子供にとってもおじいちゃんおばあちゃんとの生活は良い影響をもたらします。

 

ママが忙しいと子供に構ってあげることが出来ずに愛情不足を感じている子供が多くいます。母親の愛情が不足すると子供たちは、精神的に不安定になってしまいます。

 

そんな時におじいちゃんおばあちゃんの存在はとても大きいです。おじいちゃんおばあちゃんは、いつでも優しく接するので、子供にとっては甘えやすい存在になります。

ママに怒られてもおじいちゃんおばあちゃんが味方でいてくれるので、子供は安心感を得ることができるのです。

 

安心感を与えてくれる存在というのは、子供にとってはとても大事です。自分の近くにいつも安心感を感じられることで子供の精神は安定し、それを軸に行動することができるようになります。さらに、多様性を受け入れる心も育まれていきます。

 

しかし、同居にも生活リズムの違いでストレスを感じることもあります。

一緒に住むということは自分のプライベートはある程度なくなることを覚悟するとよいです。

 

逆に別居しているメリットとしては、自分の好きなように子育てや家事が出来ることです。同居だと親の目がどうしてもある為、意見のぶつかり合いをすることもあるけれど、その点では楽になります。

 

そして一番大きいのか母子手当を受給できることです。祖父母と同居の場合は、手当が支給されない場合が多いのですが、別居の場合は、ママ本人の所得をみて決めるので、もらえる可能性が高いです。

 

 

まとめ

一人で完璧にこなすには、限界があります。多少手抜きをしたところで、自分の気持ちに余裕ができるのであれば、手抜きをするべきです。気持ちに余裕が出ることで、毎日の子育てにも良い影響が出てきます。

 

子供はいつでもママの味方です。仕事や家事に追われ、多少、子供に寂しい思いをさせていたとしても自分の為にママは頑張っているとわかってくれます。

子供とのコミュニケーションを大切にしママが幸せだと思う環境を作っていってください。

 

多少、家が汚かろうと、食事に冷凍食品が多かろうと、ママが笑って傍にいてくれるだけで子供はスクスクと健やかに育ってくれます。

 

CALL TO ACTION

最新情報をゲット!!

先輩ママが教える子育て方法、お小遣い稼ぎ、節約方法など。すぐに役立つママの為のLifeHack!ママHACKを知れば毎日の生活が少しだけ楽になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です